ビキニ・セパレート・競泳用など水着の種類を解説します

ビキニ・セパレート・競泳用など水着の種類を解説します

競泳用水着の特徴

競泳用の水着があります。こちらは主に競技やフィットネスの際に用いられます。体を動かしやすくなっているのが特徴であり、脱げにくくなっています。水の抵抗を減らすことができるようにデザインされています。競泳用水着だけではなくて、スクール水着やフィットネス水着といったものも運動用として用いられています。

近年は水着の表面の模様が工夫されたり、素材にこだわったものが登場したりしています。特にオリンピックで用いられるような水着については、ハイテク素材や新素材がどんどん投入されています。また、ライフセーバーにおいても普及しています。

競泳用とされている水着は水泳連盟からの公認を受けています。密着度や圧迫度はとても高くなっており、伸縮性は低いです。抵抗が少ないため、体が無駄にぶれてしまうのを防ぎます。ただし、耐久性はあまり重視されていないために劣化は激しいです。男子水着については腰で穿くことが推奨されています。

水中運動を楽しむために開発されたものはフィットネス用の水着です。こちらは競泳用と比較すると自由度が高くなっており、伸縮性も高いです。女性用のものにはセパレーツタイプもあります。他にも水球用に特別にデザインされている水着もあります。